うつ病の治療費は「障害年金」でフォローしよう!

うつ病の症状と障害年金

女性

うつ病の症状とレベル

うつ病はこころの病であると近年認知されています。その多くが現代社会の多忙さが原因とされ、仕事や人間関係、家庭でのコミュニケーション不足が引き金となりやすいのです。うつ病を発症した場合、まず軽度であれば心身共に症状があらわれます。軽度であっても油断は禁物です。まず最初にあらわれる症状としては、気分障害や感情障害がみうけられます。思考は健全であっても体が反応しない、または精神が健全だと感じるのに表情や態度にあらわせないなど、心身にギャップが生じるのです。

意欲や思考の低下

違和感を感じたままでも通常通りの生活を続けると、次にあらわれるのが意欲や思考の低下です。以前であれば楽しんでいた趣味や仕事が楽しく感じられないといった症状であったり、ぼーっとする時間が多くなったという症状がこれに当てはまります。このような症状が影響し、仕事の単純作業も時間がかかったり、同じミスを繰り返したりと更に悪化を招いてしまうこともあります。

違和感を無視しない

人はネガティブな感情に触れた時、一時的にうつ的の思考に傾きます。ただ、通常であれば回復がたやすく再び日常生活に戻ることができます。しかし、うつ病を発症してしまうと、健全な状態に戻ることが用意でなく治療が必要になります。自身で違和感をおぼえた場合、まずもって無理は禁物です。ここで無理をすると、さらに症状が悪化します。

障害年金とうつ病

障害年金の申請が増えている理由、それは軽度のうつ病を食い止めることができず悪化した結果だと推測されます。軽度である場合、有給消化や休業手当等でまかない短期間での復帰も可能になります。ですが、我慢をして症状が重くなってしまうと社会から隔離されたように感じ、治療にも時間と費用がかかり障害年金を申請する必要性がでてくるのです。ただ、障害年金を受給することに罪悪感は不要です。年金の支払いが国民の義務であるように、受給も等しく国民の権利です。一日も早い回復を願う場合障害年金を申請しましょう。

Copyright© 2019 うつ病の治療費は「障害年金」でフォローしよう! All Rights Reserved.