うつ病の治療費は「障害年金」でフォローしよう!

障害年金と復帰の時期

医者

うつ病完治と社会復帰

すでにうつ病治療のために障害年金を受給して数ヶ月、このような場合症状次第で社会復帰を考えることもあるでしょう。社会復帰で最も注意すべきは「発症前の自分」に戻ろうと焦ることです。例えば、パソコンのタイピングやや車の運転など毎日行っていた頃から、まったく触らない時期をはさんだ場合経験があっても勘を取り戻すのに時間がかかります。これと同じように、うつ病完治後もある程度の助走期間が必要になります。

社会復帰の見極め

まず、障害年金の受給期間が切れるからと、焦りから社会復帰しようとしてはいけません。これは精神的な負担が大きく再発を招いてしまうこともあります。復帰のタイミングは色々ありますが、日常生活の安定度を基準に考えましょう。例えば、「起床はスムーズである」とか「昼寝をとらないでも問題ない」「長期間集中できる」といった要素が満たされているか確認してみましょう。また様々な欲求も自然と沸き起こっているかも大事なポイントです。食欲、性欲、睡眠欲、その他にも趣味や人間関係への欲求があれば社会復帰の道も間近だと言えそうです。

社会復帰した時の心得

周囲と自分を比較することをやめ、完璧を求めないようにしましょう。そうは言っても、すぐにうまくいかないこともあります。そのような場合は障害年金をうまく利用し通院やカウンセリングに通いましょう。また、専門機関に相談し、障害年金以外にも受給できる保険や保証があるか確認し金銭的、精神的な余裕を確保しましょう。

Copyright© 2019 うつ病の治療費は「障害年金」でフォローしよう! All Rights Reserved.