うつ病の治療費は「障害年金」でフォローしよう!

聴診器

うつ病発症と障害年受給

もしも、うつ病を発症した場合気になるのが治療費用や、休職中の生活費ではないでしょうか?給与を得ることができなくても、障害年金を申請することで金銭面の負担を軽減することが可能です。障害年金の申請の流れについて学んでみましょう。

詳しく見る

看護師

障害年金が申請されるまで

うつ病の発症で障害年金を申請するにはいくつかの段階があります。また、障害年金を申請する前に加入していた保険の種類によって、申請が通る期間が異なってきます。慌てないためにも事前の確認・把握は必須です。

詳しく見る

女性

うつ病の症状と障害年金

うつ病を発症した際、どのような症状が精神に影響をきたすのでしょうか?うつ病の症状にはレベルがあると考えられており、軽度、中度、重度と大まかに分類されています。回復が難しくなる重度に至る前に適切な治療と障害年金受給について把握をしましょう。

詳しく見る

聴診器

障害年金とうつ病の気質

実は、うつ病を発症しやすい「気質」というものがあります。うつ病は誰しもが発症する可能性がありますが、今回紹介する気質に当てはまるタイプの方は特に注意が必要です。発症後に必要になる障害年金と合わせて事前に把握しておきましょう。

詳しく見る

医者

障害年金と復帰の時期

既にうつ病を理由に障害年金を受給し、その受給期間が終わりそうな場合に気になるのが「社会復帰」へのタイミングではないでしょうか?今回は、障害年金の受給期間や、復帰する際の注意点をまとめてみました。

詳しく見る

うつ病と障害年金の関係

看護師

現代病「うつ病」

一昔前までは、「気の持ちよう」で片付けられることも珍しくなかったうつ病。現代では、多くの方がこのうつ病に悩み治療しています。一言でうつ病といってもその分類は様々で、「産後うつ」「リストラうつ」「新型うつ病」など多岐にわたって存在しています。うつ病が世間的に認知されネガティブに感じる方も多いでしょうが、認知されることで研究が進み正しい方法で治療することができるというメリットも生まれました。うつ病の症状には個人差があり、見た目に分かりやすいわけでないため、まだ十分な対応が取られていないこともあります。特に、うつ病を発症しやすい成人は、うつ病の治療をきっかけに休職を余儀なくされ金銭面で多くの悩みを抱えてしまっています。ただ、うつ病の治療中であっても国からの補助を受け取ることが可能です。うつ病を発症した場合、まずは正しい診断と治療、次に「障害年金」の申請を行いましょう。

「障害年金」とは?

「障害年金」とは、うつ病の治療中に申請できる年金のことです。一定期間の受給が可能となっており、生活費や治療費の負担を軽減することを目的としています。障害年金を受給するためには、まず自分の加入している年金を確認することからはじまります。フリーターの方や自営業の方がうつ病を発症した場合、対象となる障害年金は「障害基礎年金」になります。この年金は学生や主婦の方も対象になります。サラリーマンやOLといった正社員雇用の方は、「障害厚生年金」の申請に当てはまるでしょう。公務員の方に関しては「障害共済年金」の申請となります。

障害年金の受給資格

障害年金を受給するには、認定基準を明確にする必要があります。この認定基準とは、自分で判断するものだけではなく、医師の診断を必要とします。障害年金の受給資格は障害等級1級から3級に分類されています。これらの障害等級に当てはまり、なおかつ初診日の時点で国民年金・厚生年金・共済年金に加入していることなど条件があります。いずれにせよ、専門機関を通して申請を行う必要があります。まずは、最寄りの診療内科をたずね医師に相談しましょう。

Copyright© 2019 うつ病の治療費は「障害年金」でフォローしよう! All Rights Reserved.